ランキング
Top> > 部門

佐藤愛子 の人気ランキング

佐藤愛子 のカテゴリ


著者一覧
生きていくあなたへ 105歳 どうしても遺したかった言葉 (幻冬舎単行本)の商品説明
「人間は弱い。死ぬのは僕もこわいです。」105歳の医師、日野原重明氏が、死の直前まで語った、希望と感謝の対話20時間越。最後の力を振り絞り伝えたかった言葉とは。生涯現役、渾身最期の一冊。

「死ぬのは僕でも怖いんだよ。」だからこそ、朝起きて自分が生きていることが、心から嬉しい。105歳になっても尚、僕にはまだ自分でも知らない未知の自分がたくさんあると感じているのです。
今、最後の力を振り絞って私がしたいのは、あなたとの対話です。人生の中で、いつも私と共にあったのは言葉でした。
私が言葉によって支えられてきたように、迷い傷ついたあなたへ、私の最期の言葉を伝えたいのです。(本書より抜粋)

2017年7月18日この世を去られた日野原重明さん。2016年年末からはじまった本書のインタビューは、亡くなる直前まで、時にはベッドに横たわりながら20時間以上行われました。言葉を軸にしながら、死と生、病と健康、出会いと別れ等々、人生の深淵について語ります。
【本書の内容】
第1章 死は命の終わりではない
第2章 愛すること
第3章 ゆるすことは難しい
第4章 大切なことはすぐにはわからない
第5章 未知なる自分との出会い
佐藤愛子で検索された生きていくあなたへ 105歳 どうしても遺したかった言葉 (幻冬舎単行本)が含まれる
カテゴリー
人気・ランキング 第2位

九十歳。何がめでたい

九十歳。何がめでたいの商品説明
待望の単行本がついに発売。実にめでたい!

 『九十歳。何がめでたい』というタイトルには、佐藤愛子さん曰く「ヤケクソが籠っています」。2016年5月まで1年に渡って『女性セブン』に連載された大人気エッセイに加筆修正を加えたものです。

 大正12年生まれ、今年93歳になる佐藤さんは2014年、長い作家生活の集大成として『晩鐘』を書き上げました。その時のインタビューでこう語っています。
「書くべきことは書きつくして、もう空っぽになりました。作家としての私は、これで幕が下りたんです」(「女性セブン」2015年2月5日号より)

 その一度は下ろした幕を再び上げて始まった連載『九十歳。何がめでたい』は、「暴れ猪」佐藤節が全開。自分の身体に次々に起こる「故障」を嘆き、時代の「進歩」を怒り、悩める年若い人たちを叱りながらも、あたたかく鼓舞しています。

 自ら災難に突進する性癖ゆえの艱難辛苦を乗り越え92年間生きて来た佐藤さんだからからこそ書ける緩急織り交ぜた文章は、人生をたくましく生きるための箴言も詰まっていて、大笑いした後に深い余韻が残ります。
 ぜひ日本最高峰の名エッセイをご堪能ください。(2016年8月発表作品)
佐藤愛子で検索された九十歳。何がめでたいが含まれる
カテゴリー
人気・ランキング 第5位

文藝春秋2018年1月号[雑誌]

文藝春秋2018年1月号[雑誌]の商品説明
月刊「文藝春秋」新年特別号

〔創刊95周年記念 大型企画〕
【完全保存版 文藝春秋を彩った95人】
●司馬遼太郎 鉄砲嫌いの刀好き 山折哲雄/●阿川弘之 父の「辞めろ」宣言 阿川佐和子/●高倉健 台本に貼った大震災の写真 小田貴/●岸信介と佐藤栄作 話上手と下戸 松岡満壽男/●松下幸之助 会社より社会 立石泰則/●小林秀雄 「考えるヒント」の知性 中野剛志/●皇后美智子 永遠の時を詠まれた御歌 岡野弘彦/●貴乃花 命懸けの相撲 小林照幸/●山崎豊子 「大地の子」への思い 野上孝子/●丸谷才一 モダニズムの砦 池澤夏樹/●チャーチル 根っからの欧州統合論者 中西輝政/●野茂英雄 「泣かないで、ノモ」 石田雄太/●本田宗一郎 人に好かれたい 楠木建/●井上ひさし スーツケース一杯の本 出久根達郎/●土光敏夫 行革の原点は「日本の自殺」 土光陽一郎/●開高健 「ずばり東京」からベトナムへ 永山義高/●白洲正子 子どものまま大人になった 牧山桂子/●本田靖春 奔放不羈なスター記者 清武英利●永六輔 「人のために」の精神 永拓実/●宮崎駿 幼児性なら誰にも負けない 鈴木敏夫ほか

【特別寄稿 文藝春秋と私】
●立花隆 その場教育で強制学習/●佐藤愛子 あの日のお月さま/●長嶋茂雄 ONは二度と出てこない/●沢木耕太郎 母港として/●宮城谷昌光 最長の連載小説/●山崎正和 この雑誌でおとなになった/●金子兜太 楽しかった外国人句会/●石原慎太郎 文壇は宝の山だった/●鴨下信一 雑文こそ名文の宝庫/●村上春樹 「場の力」を発揮する雑誌/●野村克也 ボヤキは尽きない/●五木寛之 思い出すままに/●ドナルド・キーン 初めて書いた日本語/●石坂浩二 母への親孝行/●猪瀬直樹 「日本国の研究」の誕生/●近藤誠 人生を変えた論文/●林真理子 「アグネス論争」が懐かしい/●佐藤優 ある女性編集者からの手紙/●澤地久枝 人生の九十五年/●藤原正彦 「日本の顔」と父との絆/●渡辺恒雄 筆力を鍛えられた場所/●デヴィ・スカルノ パリで執筆した自伝/●田原総一朗 糾弾された「地上の地獄」ルポ/●櫻井よしこ 本来の魅力を守ってほしい/●堺屋太一 自由な論調の出来る場/●柳田邦男 編集者に支えられて

◎石原裕次郎は強くてシャイだった
没後30年、スターの素顔を語り尽くす
石原慎太郎×石原まき子×金宇満司
◎芥川賞「昭和・平成」十大事件 鵜飼哲夫

【特集 維新百五十年の「新・船中八策」】
◎開国と敗戦──日本人はピンチをチャンスに変えてきた
米百俵の精神を取り戻せ 小泉純一郎×笹川陽平
◎政治家は将来の姿を語れ
人口減の不安を解消する長期計画を示すべきだ 福田康夫
◎「立ちすくむ国家」経産若手官僚の警鐘
須賀千鶴×日高圭悟×宇野雄哉 司会・古市憲寿

◎女たちが見た小池百合子「失敗の本質」 石井妙子
◎現地報告 トランプ支持基盤は揺るがない 小川 聡
◎通貨ユーロがヨーロッパを滅ぼす E・トッド

◎国民的ヒロインの葛藤と成長を追った──
女優・のん「あまちゃん」からの四年半 小松成美
◎「わろてんか」三人の素敵な男に囲まれて 葵わかな
◎「火花」役者が芸人を演じたら 菅田将暉×桐谷健太×又吉直樹
◎この人の月間日記 妻が血まみれになった! 立川談春

◎座間9人殺害の衝撃──悲劇は防げなかったのか
子どもに「死にたい」と言われたら 尾木直樹×岩波明×石川結貴
◎読書は経営にも芸術にも役に立つ 丹羽宇一郎×横尾忠則
◎二十歳の自分に読ませたい「わたしのベスト3」 BOOK倶楽部 特別篇

【二大連載スタート】
◎孔丘 論語を遺した孔子の生涯を描く 宮城谷昌光
◎将軍の世紀 江戸時代の「朝幕関係」の核心に迫る 山内昌之

※電子版では広告企画など掲載されていないページがあります。
電子版では応募できない懸賞などがあります。
佐藤愛子で検索された文藝春秋2018年1月号[雑誌]が含まれる
カテゴリー
コバルト文庫40年カタログ コバルト文庫創刊40年公式記録 (集英社学芸単行本)の商品説明
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

カラー32p+本文240p、ラノベの元祖であるコバルト文庫の40年間・総発行点数約4500冊がギュッと詰まった1冊。昭和から平成にかけて、時にはちょっと大胆に、若者たちの心に寄り添い続けてきたコバルト文庫。その全貌を、正確な記録としてまとめました。レジェンド作家たちも登場し、生の声を聞くことができます。少女文化研究の基礎資料としても。コバルト・ワールドを一緒に楽しみましょう! 【目次】カラーで見るコバルト文庫の歴史I/第1章 スペシャルゲスト登場/第2章 コバルト文庫40年史/第3章 作家別シリーズ紹介/第4章 コバルトは賞とともに/カラーで見るコバルト文庫の歴史II/第6章 読者サービスあれこれ/コバルト文庫全部リスト/あとがき
佐藤愛子で検索されたコバルト文庫40年カタログ コバルト文庫創刊40年公式記録 (集英社学芸単行本)が含まれる
カテゴリー
人気・ランキング 第7位

こんな生き方もある (角川新書)

こんな生き方もある (角川新書)の商品説明
「二十歳のとき、いい加減な気持で結婚して失敗し、漠然と小説を書きはじめ、またフラフラと結婚し、夫の倒産に遭い、借金抱えている時に直木賞を貰い、借金が返せた。徹底的に無計画でここまで来れば、無計画の人生もまた面白いですよ、ということも平気でいえる」――。
 波乱に満ちた人生を、徹底的に無計画に、楽しみながら乗り越えてきた著者の読むだけで生きる力がわく痛快エッセイ。
 ミドル世代が感じやすい悩みや乗り越えるヒント、人生の価値をきめるもの、「老い」を迎える心構え、男と女の違いや結婚生活で大切なことなど、指南と笑いに満ちた一冊。
(※本書は、1987年刊行角川文庫『こんないき方もある』の角川新書版です)

[もくじ]
第1章 こんな生き方もある
 身から出たサビ/思いやり/灰で縄をなうには?/おかあさんの手/“快怒”がほしい/親バカ落第/身を削る/三下奴の悲しみ/笑いの素材/文明の利器

第2章 幸福の時間
 魅力的な生き方/愛がわかったころに、人は死んでいく/ガンコばあさん歓迎/結婚・その城の幻影がくずれるとき/女の顔が語るもの/愛にひそむ残酷さ/本当の美しさ

第3章 妻という名の女の哀れ
 完璧主義のオトシ穴/へんな言葉「夫と妻の話しあい」/愚妻呼ばわり大いに結構/女の哀れ/女房のやきもち/女はバカで結構/隣の花/魔のとき/趣味を食う/きょうの仲間はあすの敵/単細胞夫人

第4章 男の本音・女の本音
 男性のエゴイズム/男にとっての女、女にとっての男/女性よおおいに遊ぶべし/ゴキブリ亭主

第5章 男たちの顔
 「父親」この気楽でか弱いもの/現代紳士の条件/まことの男/“ガンコおやじ”歓迎/夫の無抵抗主義を排す/川上宗薫のこと/北杜夫のこと/哀愁の狐狸庵/勇気ある男
佐藤愛子で検索されたこんな生き方もある (角川新書)が含まれる
カテゴリー
人気・ランキング 第10位

私の遺言(新潮文庫)

私の遺言(新潮文庫)の商品説明
北海道に山荘を建てたときからそれは始まった。屋根の上の足音、ラップ音、家具の移動をともなう様々な超常現象、激しい頭痛。私はあらゆる霊能者に相談してその原因を探った。そうせずにはいられなかった。やがてわかった佐藤家の先祖とアイヌとの因縁。霊界の実相を正しく伝えることが私に与えられた使命だったのか。浄化のための30年に及ぶ苛烈な戦いを記した渾身のメッセージ。
佐藤愛子で検索された私の遺言(新潮文庫)が含まれる
カテゴリー
佐藤愛子 のTOPへ
> の情報なら 本 家電 DVD 人気ランキング PLAYTABLE
 音楽アルバムをノンストップでPLAYTABLE サイトマップ ご要望・バグ報告・広告など、こちらのメールにてお問い合わせください