ランキング
Top> > 文学・評論> 部門

9 の人気ランキング

9 のカテゴリ


著者一覧
    ブルックリンでジャズを耕す 52歳から始めるひとりビジネス (単行本)の商品説明
    大江千里の前著「9番目の音を探して 47歳からのニューヨークジャズ留学」は、2008年に単身NYで音楽大学に留学した彼が言葉の壁や47歳という年齢の壁にぶつかりながら卒業するまでを記し、2017年12月で5刷を数えるヒット作となった。本書はその続き。
    2012年に「The New School for Jazz and Contemporary Music」卒業と同時に自身がNYで設立したPND Records。NYでのJAZZライブ、米国ツアー、レコーディング…とアーティスト活動をしつつ、会社社長業と営業宣伝、交渉契約まで「たったひとりで」こなしている大江千里の、NY暮らしの日々をジャズのスタンダードナンバーにのせて綴る。
    9で検索されたブルックリンでジャズを耕す 52歳から始めるひとりビジネス (単行本)が含まれる
    カテゴリー
    9番目の音を探して 47歳からのニューヨークジャズ留学の商品説明
    これはまるで“のだめ”だ(笑)――二ノ宮知子(漫画家)帯文より。

    今までのキャリアをすべて捨て、47歳の時に愛犬と一緒にNYの音楽大学・ニュースクールへ留学する。20代のクラスメイトに「ジャズができていない」と言われ、がむしゃらに練習すれば肩を壊し、自信喪失する日々が続く。しかし、ジャズレジェンドに触れ、仲間たちに励まされ、ジャズの、音楽の喜びを手に入れていく。ポップミュージシャンからジャズピアニストへ。勇気と努力の心ゆさぶられるリアルストーリー。電子版はカラースナップ113点を収録。


    目次
    ■9th Note
    憂鬱のはじまり。
    痛み分けはジャズの味
    ジャズ学校の異邦人
    ジャズに焦りは禁じ手か?
    ジャズをひと休み。陽はまた昇る
    秋学期よ、こんにちは
    双子のフェニックス 
    二ューヨークにいる亀
    キンモクセイの咲く頃に 上 
    キンモクセイの咲く頃に 下 
    長いトンネルを抜けて
    9番目の音に誘われて
    ■13th Note
    それは憂鬱などではなく…
    スモールワールドとモーニング息子。
    ホームタウンと20ドル
    サンドイッチとビバップ
    ハイジの国から来た男。
    6つの種から始まった
    リユニオン。再会を夢見て
    帰り道はいつも寄り道
    Stage Fright(舞台恐怖症)
    未来を箇条書きにしてみると
    宿題引き受け株式会社
    データ&インデックス 
    大江千里■1960年9月6日大阪生まれ。1983年、シングソングライターとしてデビュー。2008年、渡米。NYの音楽大学ニュースクール卒業後、オリジナルジャズアルバム3枚をリリース。現在は米国内を中心に積極的なライブ活動を展開中。
    9で検索された9番目の音を探して 47歳からのニューヨークジャズ留学が含まれる
    カテゴリー
    9 のTOPへ
    > 文学・評論> の情報なら 本 家電 DVD 人気ランキング PLAYTABLE
     音楽アルバムをノンストップでPLAYTABLE サイトマップ ご要望・バグ報告・広告など、こちらのメールにてお問い合わせください