ランキング 本 DVD ゲーム ソフト CD  TOP ページ 検索

Top> 洋書> 部門

Early Color の人気ランキング

Early Color のカテゴリ

Brown Bear, Brown Bear, What Do You See? (Brown Bear and Friends)の商品説明
A big happy frog, a plump purple cat, a handsome blue horse, and a soft yellow duck--all parade across the pages of this delightful book. Children will immediately respond to Eric Carle's flat, boldly colored collages. Combined with Bill Martin's singsong text, they create unforgettable images of these endearing animals.   耳に心地よいことばのリズム、鮮やかな色づかいのコラージュによるイラスト…。名作絵本『Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?』(邦題『くまさん くまさん なにみてるの?』)は、大勢の子どもたちを魅了してきた。本書の特徴は、ページをめくるたびに登場する新しい動物が、次に出てくる動物をさりげなく教えてくれることだ。

 「うまさん、うまさん、あおいうまさん、なにみてるの? みどりいろのかえるをみてるの」
   このパターンが何度も繰り返されるため、まだ本が読めない小さな子どもでも、そのうちお母さんと一緒に声を合わせるようになる。そのうえ、次に出てくる動物を簡単に当てることもできるのだ。だが、おはなしの最後では、次に出てくるもののヒントはなし。「見てのおたのしみ」となっている。

   華やかでふんだんなイラストを目で確認しながら、響きのよい文章の繰り返しが楽しめる本書は、子どもたちに読書の楽しさを教えてくれる最高の絵本だ。エリック・カールは、『The Very Hungry Caterpillar』(邦題『はらぺこあおむし』)、『The Grouchy Ladybug』(邦題『ごきげんななめのてんとうむし』)、『Have You Seen My Cat?』(邦題『ぼくのねこ みなかった?』)でも有名な絵本作家。あふれんばかりの色彩と陽気なスタイルによる大胆なイラストを得意とする彼は、絵本界でもぬきんでた存在として一目置かれている。A big happy frog, a plump purple cat, a handsome blue horse, and a soft yellow duck--all parade across the pages of this delightful book. Children will immediately respond to Eric Carle's flat, boldly colored collages. Combined with Bill Martin's singsong text, they create unforgettable images of these endearing animals.

The Very Hungry Caterpillar's Easter Colours (World of Eric Carle)の商品説明
   「In the light of the moon a little egg lay on a leaf.(月明かりの中、葉っぱの上に、ひとつの小さな卵がのっています)」という出だしで始まる、エリック・カールの現代の名作、『The Very Hungry Caterpillar(はらぺこあおむし)』。この科学と大食いのお話は、初版から変わらない大きなサイズで1200万部を売り、20言語に翻訳されている。この5×4インチのミニチュア版は、小さな活字を使った小さな小さな本だが、小さな手には持ちやすくめくりやすい。しかし縮小版とはいえ、ディテールはひとつももらさずに、腹ペコの青虫がどんどん食べる様子を追っていく。月曜日はリンゴ1個(それに本のページも)、火曜日はナシ2個、水曜日はプラム3個、などなど食べまくり、チェリーパイとソーセージを食べてまるまる太り、しまいにはおなかが痛くなってくる。次に何が起きるかは、知ってのとおりだ! この名作は、子どもたちが大好きな虫が蝶にかえる話を通して、数字の数え方や曜日を教える。青虫ファンのための、楽しいギフトパッケージだ。(0歳~就学前)(Karin Snelson, Amazon.com)
人気・ランキング 第3位

From Head to Toe

From Head to Toeの商品説明
   ゾウは何をする? ゾウは足を踏み鳴らすんだ。君はできる? 『The Grouchy Ladybug』『The Mixed-Up Chameleon』など、広く愛される名作の作者から、動物の動きをまねしてみようと子どもを誘う、インタラクティブ・ストーリーが生まれた。キリンが首を曲げたり、サルが腕を振ったりするのを見るのは楽しい。でも一緒にやったらもっともっと楽しい。動物たちと同じ仕草をしようと、子どもたちは頭からつま先までくねくね、ぷるぷるさせながら、くすくす笑うだろう。ワニは体をくねらせ、ゾウは足を踏み鳴らし、ゴリラは手を打ち、キリンはかがむ。君はできるかな? そう、「できるよ!」という自信をつけるメッセージが、この楽しさいっぱいのインタラクティブ絵本にはこめられている。おなじみのいろいろな動物に誘われて、動きを真似て遊ぶうちに、子どもたちは注意して聞く、注意を集中する、指示に従うなど、大切なスキルを身につけていく。アルファベットの本が幼児を文字や簡単な単語に教えるように、『From Head to Toe』は基本的な体の部分や動きを、子どもたちに教える。そして簡単な単語の理解から文や物語の読み書きへと上達するように、子どもたちは簡単な体の動きから始めてダンス、体操、他のスポーツや活動と、自信と喜びをもって上達していくだろう。

   エリック・カールのカラフルなコラージュは、数世代にわたり、子どもたちを楽しませてきた。作品のひとつひとつが、想像力を広げさせる楽しい時間を与えている。その比類ない言葉とイラストが、新しいチャレンジを呼びかける。

いいかい?
いくよ!
動いて
頭からつま先まで。

チルドレンズブック・オブザマンス・クラブ(月例児童図書推薦会)、メインセレクション図書

A Color of His Own (An Umbrella book)の商品説明
   生き物にはそれぞれ独自の色がある。「オウムは緑、ゾウは灰色、ブタはピンク」というように。しかし、カメレオンは場所によって色が変わる。たとえば「レモンのうえでは黄色。ヒースのなかでは紫色」など。でもなかには、それが気に入らないカメレオンもいた。そのカメレオンはかんがえた。「葉っぱのうえにずっといれば、ずっと緑色でいられるかもしれないぞ。そうすれば、ぼくもじぶんだけの色になれるかもしれない」このカメレオン、秋になって葉っぱの色がかわることなど、まったく考えていなかったことは言うまでもない。緑色のカメレオンは黄色に、そして赤色にかわり、ついに地面におちて、長い冬の色――真っ黒に。やがて歳上で賢い別のカメレオンにであったことで、外面がどれだけかわっても、大切なのは心がかわらないことだということを知る。

   非凡な絵本作家レオ・レオニ。代表的な著書『Fredrick』(邦題『フレデリック――ちょっとかわったねずみのはなし』)、『Alexander and the Wind-Up Mouse』(邦題『アレクサンダとぜんまいねずみ――ともだちをみつけたねずみのはなし』)、『Swimmy』(邦題『スイミー――ちいさなかしこいさかなのはなし』)、『Inch by Inch』(邦題『ひとあしひとあし――なんでもはかれるしゃくとりむしのはなし』)は、いずれもコールデコット賞受賞作品。本書ではさまざまな色に変わるカメレオンを主人公とし、感動的な傑作を作り上げた。自分らしさをみつけながら、友情をはぐくんでいく古典名作。子どもたちにも、パパやママにも、気に入ってもらえる1冊。(乳児から就学前児童まで)

Eating the Alphabetの商品説明
   1~3才児向け。思わずつかんで食べたくなってしまう果物や野菜がのったアルファベットブック。野菜ぎらいの子どもたちでも、色鮮やかな野菜のイラストを見れば、ついつい食欲がそそられてしまうかも。長年親しまれてきた絵本が、小型のボードブック版になった。キクジシャ、キウイ、パパイヤといっためずらしい野菜や果物を小さな子どもたちに教えるにはピッタリ。ブックリストは本書のオリジナル版を「明るい色調に、太い文字…デザインもすばらしい」と評している。
Thomas the Tank Engine's Big Lift-And-look Book (Thomas & Friends)の商品説明
   ひとつ頭に入れておいていただきたい。子どもはめくる仕掛けのついた本が大好きである。飽きることを知らない。そして本書には、それはもうたくさんの―― 60以上の―― 仕掛けがある。
   それからもうひとつ。子どもはきかんしゃトーマスに夢中だ。ということは幼い読者は、厚手の紙でできた、大きくて明るくてカラフルなこの本をよいしょっと持ち上げ、嬉々として(それと知らずに)勉強を始めることになるだろう。各ページには早期教育というコンセプトが色濃く反映されており、色や数や大きさや、身の回りのものやアルファベットに関する知識を探求しようという気にさせられる。
   きかんしゃトーマスはページからページを走る。朝早く格納庫を出発し、いろんな駅に止まり、荷物やお客さんを降ろし、最後には荷物置き場にたどり着く。そこには、ミルクやドア、ピアノ、カンガルー、木琴といった配送予定の大切な荷物を満載した貨車が次から次へとやってくる。子どもたちはこの本のいろいろな箇所を好きなように見て回って、仕掛けをめくって見つけた絵から自分なりの物語を作り上げることができるのだ。
Little Blue and Little Yellowの商品説明
   作者であるレオーニは、アメリカで活躍した芸術家であり、アート・ディレクターとしても活躍をしていた。優れた仕事をしたきた彼が、ある日、孫たちをあやすため、手近にあった紙に、これもまた、手近にあった絵筆と絵の具で、即興のストーリーを紡ぎ出した。それが、本書である。
   青と黄色。単純な筆あとが、いくつもの場面を楽しく想像させる。そこには、不思議なリズムがあって、無理がない。あおくんと、きいろちゃんがうれしくて抱き合って、緑色になってしまう場面は、ほほえましく「仲良くする」とは、こういうものなんだとダイレクトに伝わってくる。
   そして、やはり豊かな色彩感覚には目を見張る。幼児向けではあるが、それだけにとどまらない力強さと、素朴さを兼ねあわせた絵本である。原題は『Little Blue and Little Yellow』。(たけだ 凛)
Early Color のTOPへ
次の10件を表示する
洋書> の情報なら 本 家電 DVD 人気ランキング PLAYTABLE
 音楽アルバムをノンストップでPLAYTABLE サイトマップ ご要望・バグ報告・広告など、こちらのメールにてお問い合わせください