Top> 部門

ジュエルズ [DVD] のカテゴリ

    ジュエルズ [DVD]の人気ランキング

    人気・ランキング 第3位
    クイーン・ジュエルズ [DVD]

    クイーン・ジュエルズ [DVD]

    商品詳細へ
    クイーン・ジュエルズ [DVD] の説明
      ご覧頂き、ありがとうございます!●DISK1、ブックレット1冊付●レンタルアップ品です。ジャケット、中のブックレットにセロテープ経年劣化跡、表紙剥がれ、管理シールが少し残っています●DVDは動作確認済です●OPP袋で商品を保護して発送しております。●お急ぎ便/コンビニ決済/代引支払等ご利用可能●Amazon配送センターより毎日発送だから安心・丁寧です。   2004年リリースの新編集ビデオ・コンピレーション。「ボヘミアン・ラプソディ」を筆頭に時代を超えて愛され続けるヒット・ナンバー全16曲を収録。
         まだミュージック・ビデオが珍しかった時代に新しい映像表現を追求していった作品の数々は今見ても古臭さを感じさせない。4人が貴公子然とした「キラー・クイーン」からフレディ・マーキュリーの濃すぎるキャラが炸裂する「愛という名の欲望」、SF映画『メトロポリス』をモチーフにした「RADIO GA GA」、フレディがエイズ死する直前に撮られた一世一代の名演「狂気への序曲」など、バンドの変遷を映像と名曲の数々でたどることが出来る。本作用に新たに作られた「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」クリップはフレディのソロ・バージョンとクイーンのライヴ映像を組み合わせたものだが、キメ細かい編集で違和感を感じさせない。日本盤アナログ・シングルのジャケットをタイトルとして使うなど、クイーンLOVE度の高い好DVDで、入門編としては最適だろう。ボーナスとしてフォト・ギャラリーを追加。(山崎智之)
      6位
      パリ・オペラ座バレエ ジュエルズ(ジョージ・バランシン振付) [DVD]

      パリ・オペラ座バレエ ジュエルズ(ジョージ・バランシン振付) [DVD]

      商品詳細へ
      パリ・オペラ座バレエ ジュエルズ(ジョージ・バランシン振付) [DVD] の説明
        レーベル:TDKコア
        10位
        Jewels [Blu-ray] [Import]

        Jewels [Blu-ray] [Import]

        参考価格 ¥3,564
        価格 ¥2,909 (税込)
        商品詳細へ
        Jewels [Blu-ray] [Import] の説明
        • Jewels [Blu-ray] [Import]の説明画像その1
          ロパートキナの美しさに陶酔。 まるで会場で観ているような臨場感。 超高画質のマリインスキー・バレエによる『ジュエルズ』  20世紀のバレエの神様、ジョージ・バランシンが1967年にニューヨーク・シティ・バレエのために制作した全3場のバレエ『ジュエルズ(宝石)』。今日ではすっかりマリインスキー・バレエの定番レパートリーとなった観があります。もともとバランシンはマリインスキー劇場でバレエダンサーとして働き、生涯その伝統を根底に置いていたので、ニューヨーク・シティ・バレエ以外、世界で最もこの作品に向いている団体と申せましょう。ことにロパートキナの当たり役で、それを高画質で鑑賞できるのは感涙モノです。  全3場で、第1場『エメラルド』はフォーレの『ペレアスとメリザンド』と『シャイロック』の音楽が用いられ、フランス風の振付が魅力。第2場『ルビー』はストラヴィンスキーの『ピアノと管弦楽のためのカプリッチョ』が用いられ、ケークウォークなどアメリカ的な振付が施されています。第3場『ダイヤモンド』はチャイコフスキーの交響曲第3番の終楽章が用いられ、帝政ロシア・バレエ最良の煌めきにあふれる振付となっています。  何よりダンサーの豪華さに驚かされますが、なかでもロパートキナの素晴らしさは別格、息をのむ美しさ。オーストリア放送協会との共同による画質のクリアさで、あたかも劇場にいるかのような錯覚にとらわれるクオリティの高さです。  音楽はソヒエフ指揮によるマリインスキー劇場管。ゲルギエフゆずりの熱っぽくエネルギーに満ちた音楽作りはさすが。同じコーカサスの血をひくバランシンへの敬表にあふれています。(キングインターナショナル)
          レーベル:Mariinsky
          ジュエルズ [DVD] のTOPへ
          の情報なら 本 家電 DVD 人気ランキング PLAYTABLE
          プライバシーポリシー