Top> > 日本経済新聞出版社 での検索結果

日本経済新聞出版社 の関連タグ

    日本経済新聞出版社の人気ランキング

    4位
    >
    会計の世界史 イタリア、イギリス、アメリカ――500年の物語

    会計の世界史 イタリア、イギリス、アメリカ――500年の物語

      数字のウラに隠された、驚くべき人間ドラマ。
      誰にも書けなかった
      「会計エンタテインメント」爆誕!


      【本書の特徴】
      その1 ダ・ヴィンチ、レンブラント、スティーブンソン、フォード、
      ケネディ、エジソン、マッキンゼー、プレスリー、ビートルズ
      ……意外な「有名人」たちが続々登場!

      その2 冒険、成功、対立、陰謀、裏切り、愛情、喜びと悲しみ、
      栄光と挫折、芸術、発明、起業と買収
      ……波乱万丈、たくさんの「知られざる物語」が展開します

      その3 簿記、決算書、財務会計、管理会計、ファイナンス、IFRS
      ……物語を楽しく読み進めるだけで、これらの仕組みが驚くほどよくわかります

      その4 イラストと写真、ひと目でわかるイメージ図が満載。
      会計の本なのに、細かい数字はいっさい出てきません!


      「私はこれまで数々のビジネススクールや企業研修で
      会計分野の講師を務めてきました。
      会計を『大局的に・楽しく』学んでもらうのはとても難しい作業ですが、
      講義で『歴史』をもちいる手法はかなり効果的でした。

      会計ルールの誕生エピソードや人物秘話を少々大げさな講談調で語ると、
      受講者たちが身を乗り出してきます。
      本書はそんな経験をもとにしています。

      皆さんにも『好奇心とともに会計を理解する』経験をしてもらえれば
      嬉しいです。」
      ──「旅のはじめに」より


      【「9つの革命」で全体像がわかる】
      第1部 簿記と会社の誕生
      「3枚の絵画」
      15世紀イタリアから17世紀オランダへ
      銀行革命/簿記革命/会社革命

      第2部 財務会計の歴史
      「3つの発明」
      19世紀イギリスから20世紀アメリカ、21世紀グローバルへ
      利益革命/投資家革命/国際革命

      第3部 管理会計とファイナンス
      「3つの名曲」
      19世紀から21世紀・アメリカ
      標準革命/管理革命/価値革命
      5位
      >
      BCGが読む 経営の論点2020

      BCGが読む 経営の論点2020

      商品詳細へ
        2020年代がスタートする。
        日本企業は、次の10年をどのように位置付け、何を目指せばよいだろうか。
        そしてビジネスリーダーは、どのように組織を牽引していけばよいだろうか。
        これが、本書の底流にある大きなテーマである。

        グローバル先進企業は、すでに企業の根幹をなす基盤の進化を急速に進めつつある。
        2020年代は、企業基盤進化の成否が、グローバル市場における企業の優勝劣敗を
        決するといっても過言ではない。

        日本企業が、2020年代を「輝きを取り戻す10年」とするためには、
        ビジネスリーダーが構造変化の本質を理解し、企業基盤の進化の方向を定め、
        実現に向けたアクションを開始することが大切だ。

        こうした問題意識に基づき、本書では、経済の構造変化が進むなかでの
        5つの企業基盤進化の方向性を提示する。
        そして、それぞれの方向性について2つずつ、合計10の注目すべき経営テーマを解説する。


        ◎5つの方向性と10のテーマ
        方向性1 新しい競争ロジックをマスターする
        01 データ・ドリブン・マーケティング――AI×ビッグデータでデータ経済圏を勝ち抜く
        02 エコシステム戦略――デジタルが変える「協業」のルール

        方向性2 変化に柔軟に対応する組織を構築する
        03 アジャイル・オーガニゼーション――激変の中で組織のあり方を抜本的に変革
        04 ダイバーシティを経営の武器にする――異質のぶつかりあいがイノベーションを生む

        方向性3 ダイナミックな全社変革を実現する
        05 デジタル・トランスフォーメーション――日本での成功のカギ
        06 デジタル・サプライチェーン・マネジメント――優位性構築か効率重視か、選択を急げ

        方向性4 先が見えない時代に、経営手法を進化させる
        07 シナリオプランニング――「未来」を見える化し、チャンスに変える
        08 TSRマネジメント――戦略と「株主価値創造」をつなぐ

        方向性5 企業の「あるべき姿」を再定義する
        09 世界の先端企業が重視する「パーパス」――「存在意義」を基軸とした企業変革
        10 成長戦略としての「社会的インパクト経営」――SDGs/ESGが問いかけるもの
        7位
        >
        知略の本質 戦史に学ぶ逆転と勝利

        知略の本質 戦史に学ぶ逆転と勝利

          ●本質シリーズの最終巻
          圧倒的に不利な条件から勝利を導き出した独ソ戦のスターリン、英独戦のチャーチル、ベトナム戦争のホー・チ・ミン、対イラク戦圧勝もつかの間、非正規戦という泥沼の打破を迫られた米国――。
          本書は、日本陸軍の敗北のメカニズムを組織論の切り口から解明した『失敗の本質』(中公文庫)、海外の戦史を題材に成功の本質を解明した『戦略の本質』、国家指導者に焦点を当てた『国家経営の本質』につづく本質シリーズの最終巻。勝利を実現するメカニズムの解明は、『失敗の本質』とは裏表の関係となります。また『戦略の本質』は逆転を生み出した要因を現場の指揮官レベルで解明しましたが、本書は国家の指導者レベルとリンクさせて、機動戦と消耗戦を臨機応変に使い分ける知略戦略こそが勝利を生み出したというストーリーで解説します。
          知略戦略とは、「知略=知的機動力」で賢く戦う哲学であり、過去-現在-未来の時間軸で、組織メンバーの共感を得、一丸とさせる共通善のために「何を守り、何を変革するか」の動的平衡を追い求めながら、行動し続ける戦い方を指す。これを実現できたリーダーが、本書で取り上げる、スターリン、チャーチル、ホー・チ・ミンです。
          8位
          >
          日本企業初のCFOが振り返るソニー財務戦略史

          日本企業初のCFOが振り返るソニー財務戦略史

            日本企業初のCFO(最高財務責任者)としてソニーで長年、財務・会計に従事した著者による回顧録。

            ◆ 著者がCFOとして在任した90年代後半の財務関連の取り組みを中心に、海外事業での資金調達やグローバルな連結会計、資金管理の取り組み、海外企業の大型M&Aに伴う苦労話、コーポレート・ガバナンスに関する考えをまとめました。

            ◆ ソニーは当初よりベンチャー企業として資金繰りに苦しみ、創業者の盛田昭夫氏は、直接金融による資金調達を模索し続けた。グローバル化、イノベーションで先陣を切ってきたソニーが、企業財務・会計面でも、果敢に新しい取り組みに挑んでいたことがわかる産業史的に価値ある一冊です。

            ◆ 著者はストリンガー以降のソニーのガバナンス体制に異論を持ち、2015年に現経営陣にOB代表として公開質問状を提出した人物でもある。巻末には参考資料としてその提言書も付記しました。
            10位
            >
            天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ

            天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ

              あなたは凡人? 秀才? それとも天才?
              公開瞬く間に30万pvを超えた人気ブログ
              「凡人が、天才を殺すことがある理由。」が、
              物語となって書籍化!

              ◎世の中には「天才」と「秀才」と「凡人」がいる。三者の間にはコミュニケーションの断絶がある。凡人は天才を理解できず、排斥する。秀才は天才に憧憬と嫉妬心を持つが、天才は秀才にそもそも関心がない。秀才は凡人を見下し、凡人は秀才を天才と勘違いしている。――18年3月16日にネットに配信された「凡人が、天才を殺すことがある理由。――どう社会から「天才」を守るか」と題されたコラムがバズ(BUZZ)った。

              ◎ビジネスコラムとしては、異例の30万PV、フェイスブックのシェアは2万4000に達した。またビジネス向けネットメディアであるNewsPicksに転載されると、その反響(コメント)は2200に及んだ。
              さらに、このコラムの反響を取り上げた2回目のコラム「天才を殺すのは、実は「秀才」ではないのか?等への回答10選」も、フェイスブックのシェアだけで5000を超え、「天才・秀才・凡人」を巡るネット上の議論はなお続いている。

              ◎本書はこのコラムをストーリーにし、書籍化する。

              ◎「天才、秀才、凡人の評価軸の違い」「経営におけるアートとサイエンス」「イノベーションと飽き」「それぞれの人の中にいる天才、秀才、凡人」などの議論を展開していく。
              TOPへ
              > の情報なら 本 家電 DVD 人気ランキング PLAYTABLE
              プライバシーポリシー タグ サイトマップ
              YouTubeチャンネル登録者 視聴数 動画 ランキング