Top> > 李 栄薫 での検索結果

李 栄薫 の関連タグ

    李 栄薫の人気ランキング

    人気・ランキング 第1位
    反日種族主義 日韓危機の根源 (文春e-book)

    反日種族主義 日韓危機の根源 (文春e-book)

      韓国を震撼させたベストセラー、日本語版がついに登場! 日本支配は朝鮮に差別・抑圧・不平等をもたらした。だが、だからといって、歴史に嘘をつくことはできない。

      緊迫する日韓関係の中で、韓国で一冊の本が大きな話題を呼んでいる。
      6月の刊行以来、10万部のベストセラーとなっている『反日種族主義』は、元ソウル大教授、現・李承晩学堂校長の李栄薫(イ・ヨンフン)氏が中心となり、現状に危機感をもつ学者やジャーナリストが結集。慰安婦問題、徴用工問題、竹島問題などを実証的な歴史研究に基づいて論証、韓国にはびこる「嘘の歴史」を指摘する。

      本書がいわゆる嫌韓本とは一線を画すのは、経済史学などの専門家が一次資料にあたり、自らの良心に従って、事実を検証した結果をまとめたものであるということだ。
      その結果、歴史問題の様々な点で、韓国の大勢を占めてきた歴史認識には大きな嘘があったことが明らかにされている。そしてそうした嘘に基づいた教育が何年も積み重ねられた結果、韓国の人々の多くは誤った歴史認識を正しいものと信じ込み、反日に駆られている。
      民族主義というより、意見の合わないものを力ずくでも排除する非寛容な「種族主義」が韓国には蔓延しており、それが日韓の関係を危機に陥らせている根源なのである。
      本書は大韓民国を愛する学者たちによる、憂国の書だ。
      レーベル:文藝春秋
      人気・ランキング 第2位
      >
      韓国書籍 これ以上、無視できない記憶との闘い、 その歴史についての明快な答え 「反日種族主義」 ★★Kstargate限定★★

      韓国書籍 これ以上、無視できない記憶との闘い、 その歴史についての明快な答え 「反日種族主義」 ★★Kstargate限定★★

      価格 ¥ 2,690 (税込)
      商品詳細へ
        ★この本は韓国語で書かれています。

        ■ Book Info

        “これ以上、無視できない記憶との闘い、
        その歴史についての明快な答え!”

        日本の植民地支配に対する韓国人の通念を真っ向から否定

        ■ 目次

        本の頭に
        プロローグ_うその国_イ・ヨンフン

        1部 種族主義の記憶

        2部 種族主義の象徴と幻想

        3部 種族主義の牙城、慰安婦

        エピローグ_反日民族主義の因果_イ・ヨンフン

        参考文献
        捜してみる


        韓国「反日フェイク」の病理学(小学館新書)

        韓国「反日フェイク」の病理学(小学館新書)

          韓国の「反日」は嘘と捏造で作られている。

          韓国艦艇による自衛隊機へのレーダー照射事件や、韓国最高裁による日本企業への徴用工賠償命令など、韓国で再び反日ムードが高まっています。

          韓国のマスコミや教育現場で拡散されている「日本批判」の数々。

          しかし、本書の著者、韓国人作家の崔碩栄氏は、「韓国の反日報道や教科書の歴史記述には、驚くような捏造がまかり通っている」と指摘します。

          例えば、韓国の公共放送が「独島(竹島)を奪おうとした日本軍」との字幕とともに放送した写真。崔氏の調査により、これはノルマンディー上陸作戦の写真と日章旗の写真、竹島の写真を合成したものだということがわかりました。

          さらに、韓国が「朝鮮人強制連行」の悲劇のシンボルとして繰り返し使用する落書き。朝鮮人徴用工が筑豊炭田の宿舎の壁に「お母さんに会いたい、お腹が減った」と書いたというものですが、これも、北朝鮮系の組織が製作した映画の演出として書かれた「フェイク」であることがわかりました。

          崔氏はさらに、韓国の「反日」が意図的に作られた背景を明らかにしていきます。その背後に浮かび上がる北朝鮮の影――。まるで、良質のミステリーのように韓国の反日の裏側を鮮やかに暴いていく衝撃の書です。
          レーベル:小学館
          300枚のユニークな広告が語るこんなに明るかった朝鮮支配

          300枚のユニークな広告が語るこんなに明るかった朝鮮支配

            韓国人は日韓併合の35年を振り返って”人類史上類例のない過酷な植民地支配”時代と言い切る。
            民族の文化、言葉、名前を奪われ、搾取と差別に泣いた恥辱の時代と。またそれを信じ込む日本人も多い。
            果たして本当だろうか。
            本書は戦前の朝鮮の新聞広告、ポスター、絵葉書などから日韓併合時代の実態は何だったのかを検証するユニークな1冊である。
            果たして本当に日韓併合時代は不幸で陰惨な時代だったのか。
            レーベル:ビジネス社
            TOPへ
            > の情報なら 本 家電 DVD 人気ランキング PLAYTABLE
            プライバシーポリシー タグ サイトマップ
            YouTubeチャンネル登録者 視聴数 動画 ランキング