Top> > 藤井 保文 での検索結果

藤井 保文 の関連タグ

    藤井 保文の人気ランキング

    7位
    >
    一流ビジネススクールで教える デジタル・シフト戦略――テクノロジーを武器にするために必要な変革

    一流ビジネススクールで教える デジタル・シフト戦略――テクノロジーを武器にするために必要な変革

      ナイキ、バーバリー、スターバックス、UPS、セブン-イレブン・ジャパン、ザラ、ノルディック・ポスト、ボルボ、東京海上、ペルノー・リカール、コカ・コーラ、ネスレ、ロイズ銀行・・・・・・

      『機械との競争』著者らにより、MITで提唱され、世界で教えられている
      全製造業、サービス業に共通するデジタル化フレームワーク

      必要なデジタルスキルは何か?
      [ソーシャルメディア分析/モバイルマーケティング/クラウド/データサイエンス・・・]

      デジタルマスター企業 400社調査を初公開! 

      今日のビジネスはデジタル・テクノロジー抜きには語れない。あらゆるもののデジタル化が進展していることにより、さまざまな制約が取り除かれ、人の生活や企業に影響を与えている。顧客の声を聞きたければ、アンケートやグループインタビューに頼らなくても、ソーシャルメディアを使うことができる。モバイルコンピューティングのおかげで、社員はどこでも働くことができ、生産性も高められる。ビッグデータにより、よりよい予測や判断、意思決定を行える。さらには、まったく新しい組織構造や業務プロセス、商品やサービスを展開し、それらを環境変化に応じて迅速に変えていくことも可能だ。

      本書で事例として取り上げられている企業は、そうした変化を機会として成功しているよく知られた会社ばかりだが、アップル、フェイスブック、アマゾンのような巨大IT企業でも、シリコンバレーのITベンチャーでもない。それらデジタル・テクノロジーを生業とするのは、全企業の10%に過ぎず、残る90%の非IT企業がどのようにデジタル・テクノロジーを使いこなしていくのかの方が、インパクトが大きいからである。

      著者らは過去3年間にわたって、世界中の多くの業界で企業がデジタル技術とどのように関わっているかを調査し、高業績企業がデジタル化されつつある状況にどう取り組み、その結果はどうなのかについて研究してきた。

      最も重要な結論として到達したのが、「デジタルマスター」と呼ぶべき企業が存在するということだ。つまり、デジタル技術を使ってはるかに高いレベルの利益や生産性、業績を実現している企業が存在するのだ。


      本書は、そうした企業に共通する戦略フレームワークを明らかにし、求められる変革のありかたを示している。
      8位
      >
      デフレーミング戦略 アフター・プラットフォーム時代のデジタル経済の原則

      デフレーミング戦略 アフター・プラットフォーム時代のデジタル経済の原則

        本書の目的は、「デフレーミング」という概念でデジタル化がビジネスや経済に与える本質的な影響を明らかにすることです。

        「デフレーミング」とは、枠(フレーム)が崩壊するという意味の造語。デジタル技術が社会経済に与える影響を理解するための共通的なフレームワークとして、ビジネスモデル、企業のビジネス戦略から、私たちの働き方、キャリア設計、学び方にいたるまで、あらゆる変化をとらえる鍵となります。

        デフレーミング戦略とは、伝統的な製品、サービス、組織などの「枠」を越えて、それらの内部要素をデジタル技術で組み直すことで、ユーザーにより最適化されたサービスを提供できるようにすること。従来の「サービス」や「組織」といった「枠」がなくなる時代に、万人に受けるパッケージ化されたものから、ユーザーに個別最適化されたものに転換させ、企業という枠で仕事を受発注するのではなく、個人のスキルやリソースを個別に特定して取引するビジネスの考え方です。

        本書では、その様々な現象や事例を通じて、今後のビジネスやサービスの変化を考察するとともに、近年クローズアップされている「デジタル・トランスフォーメーション」(DX)についても、それが社会に与える深い影響を、明らかにします。

        【本書に出てくるトピック、キーワード】
        ・デフレーミングというフレームワーク
        ・デジタル・トランスフォーメーション
        ・GAFAの今後の展開
        ・アリババ、テンセント、Line、WeChat、インスタグラム、美団、ZOZO
        ・個人の信用経済と決済、電子マネー
        ・プライバシー問題
        など

        ※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
        ※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
        ※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
        ※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

        レーベル:翔泳社
        ザ・プラットフォーム:IT企業はなぜ世界を変えるのか?

        ザ・プラットフォーム:IT企業はなぜ世界を変えるのか?

          発売即kindle ビジネス書一位!書店でも総合一位*
          LINE元社長 森川氏絶賛:
          10億ユーザ、国家を超えたグーグル、フェイスブックITプラットフォームの根幹はなにか?

          Kindle総合一位*の『ITビジネスの原理』著者が、前著同様わかりやすい語り口で
          ネットの未来と日本のポテンシャル、そして、そこで生きる個人のあり方を見通す

          【マッキンゼー、Google、楽天、リクルートなど11社を経験して見えたこと】
          ・Apple vs Google 本当の勝者は?
          ・Facebookは世界の何を変えているのか?
          ・Amazonより楽天の品ぞろえがよいのはなぜか?

          この原理を知らずして、今や世界は理解できない。

          C Channel株式会社 代表取締役 森川 亮 (LINE元代表取締役)
          「人類の未来とプラットフォームのあるべき姿を語った名著です」

          ▼著者プロフィール
          尾原和啓(おばら・かずひろ)
          1970年生まれ。京都大学大学院工学研究科修了。マッキンゼー・アンド・カンパニーにてキャリアをスタートし、NTTドコモのiモード事業立ち上げ支援、リクルート(2回)、Google、楽天(執行役員)などの事業企画、投資、新規事業などに従事。12職目となる現在は、インドネシアのバリ島に居を構え、日本と往復をしながらIT企業の役員などを務める。「TED」カンファレンスの日本オーディションに関わるなど、米国シリコンバレーのIT事情にも詳しい。
          *15/6/11 Kindleランキングにて、書店はABC六本木、渋谷Book 1st 6/15調べ
          *:14/8/30 ランキングにて、年間でも2014年Kindleビジネス書7位
          レーベル:PLANETS
          10位
          >
          データ階層社会―週刊東洋経済eビジネス新書No.289

          データ階層社会―週刊東洋経済eビジネス新書No.289

          商品詳細へ
            AIというテクノロジーによって、人々がごく一部のエリートと多数の「無用者階級」に分断され、かつてない階層社会が到来すると警鐘を鳴らすのが、『サピエンス全史』『ホモ・デウス』著者のユヴァル・ノア・ハラリ氏だ。
            日本でもすでに企業の採用活動や金融機関でAIスコアリングが使われ始めており、男女の出会いの場でもAIが活用されるようになってきた。AIの予測評価によって社会的に排除され続ける人が多数生じる「バーチャルスラム」化。世界が抱える諸問題に大局的な見地を示す知識人の警告に耳を傾けたい。

            本誌は『週刊東洋経済』2018年12月1日号掲載の28ページ分を電子化したものです。

            【主な内容】
            急速に活用が進むAIプロファイリング
            エリート支配国家シンガポールの実像
            全国民の信用情報を中国政府が一元的に管理
            データ預かる情報銀行から信用スコアに展開も
            INTERVIEW 信用スコア事業を主導していく(大森隆一郎)
            INTERVIEW データ階層社会をどう生きるか①
             データを個人に取り戻す(橋田浩一)
            INTERVIEW このままでは日本は『バーチャルスラム』化する(山本龍彦)
            AIが決める採用・人事評価
            経験や勘は古い? 誕生目前のAI刑事
            ウーバー流格付けの熾烈
            ネットサービス ユーザー評価の功罪
            INTERVIEW データ階層社会をどう生きるか②
             AI活用のビジネスにはまやかしが多い(野口悠紀雄)
            INTERVIEW 『ホモ・デウス』の著者
             究極の階層社会が来る(ユヴァル・ノア・ハラリ)
            国家や人権は「虚構」 ハラリ氏大著を読み解く
            米国で始まるデータ保護の動き
            欧州 GDPR制裁金の行方
            TOPへ
            > の情報なら 本 家電 DVD 人気ランキング PLAYTABLE
            プライバシーポリシー タグ サイトマップ
            YouTubeチャンネル登録者 視聴数 動画 ランキング