Top> > ROLAND での検索結果

ROLAND の関連タグ

ROLANDの人気ランキング

人気・ランキング 第1位
>
俺か、俺以外か。 ローランドという生き方【電子特典付】

俺か、俺以外か。 ローランドという生き方【電子特典付】

    ホスト界の帝王・ローランド、初の著書!
    話題の「名言」から浮き彫りになるローランドの素顔を本書で初公開。
    至高のプロ意識、唯一無二の存在である理由を、
    哲学・美・愛・仕事・人生の多面的な切り口で語る。
    ローランドのストイックなまでの生き方と、そのウイットに富んだ名言は、
    ファンのみならず、年齢や職業を問わず、
    幅広い方たちの胸に熱く響き、明日への活力になる。
    ローランドのファンブックとしてはもちろん、
    ビジネス・自己啓発書としても、是非お読みいただきたい一冊。
    本書が、読まれる方の人生を変えるかもしれない。
    「世の中には二種類の本しかない。ローランドの本か、それ以外か」

    【電子特別特典付き】
    電子書籍版には、「本書未収録の写真」と「著者直筆メッセージ&サイン」も収録!
    レーベル:KADOKAWA
    人気・ランキング 第2位
    >
    ウチら棺桶まで永遠のランウェイ

    ウチら棺桶まで永遠のランウェイ

      毎日が「口から文化祭」状態! SNSやYouTubeの発信にとどまらず、歌手、モデルとしても活躍。
      独自のボキャブラリーや、「意外に深い」名言で若者の支持を集めるkemioによる待望のエッセイです!
      もともとポジティブだったわけじゃない。物心がつく前に両親が亡くなって、「当たり前」なんてわからないし、
      クラスでは「変な人」扱いされて、無視されたこともあった。
      芸能界に憧れたけど、オーディションには落ち続けて、自信をなくしたことも数えきれないほど。
      だけど人生は環境じゃなくて、すべてやり方次第。自分でカスタムした武器で、この世の中を生き抜いていく!
      人間関係や将来、恋愛……目の前のあなたの悩みを、新機軸に吹き飛ばせる痛快な1冊です。
      レーベル:KADOKAWA
      4位
      >
      リズム&ドラム・マガジン 2020年1月号

      リズム&ドラム・マガジン 2020年1月号

      商品詳細へ

        *この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。*電子版では紙の雑誌と内容の一部異なる場合があります。

        ■Cover Program/for Reader’s Contents #1
        祝・3年! 「ドラムの日2019」
        怒濤の「Drummer’s Week」 を完全レポート!

        今月はドラムの日特集号、“読者のための号=for Reader's Issue”として、1冊に渡ってさまざまなコンテンツをお届けします! 表紙特集となるfor Reader's Contents #1は、今年で3周年を迎えた「ドラムの日」、そして初の試みとなったイベント週間「Drummer's Week」の密着レポート! ドラム界を盛り上げるべく/すべての打楽器好きが共に楽しむために制定された10月10日=ドラムの日ですが、今年は祝・3年目! イベントはドラム・セミナーやライヴだけでなく、PEARL、TAMA、YAMAHAスタッフによる特別鼎談や、プロ・ドラマー達が愛用した楽器/レア・アイテムが出品されたドラマーズ・オークションも開催されました。ここでは、当日の模様を機材解説つきでたっぷりとレポートします!

        ■特別企画/for Reader's Contents #2
        「ドラムの日2019」記念
        ~♯ドラムの日 で投稿してくれたみんなの機材を大公開!~

        “for Reader's Contents #2”は、Twitter、Facebook、Instagramへの投稿を呼びかけ、<#ドラムの日>のハッシュタグがついている機材写真を誌面に一挙大公開する、“あの企画”が戻ってきた! 今回もプロ/アマ問わず、1,000枚以上の機材写真が埋め尽くされております! 今年は、“いいね!”の数が特に多かったアカウントの画像を少し大きく見せました!

        ■close up!
        Rolandの“Hybrid Drums”が変えるライヴ・サウンドの現場
        feat. Katsuma [coldrain]
        ドラム・セットにトリガーやパッドを組み込んでサウンドの幅を広げる手法=ハイブリッド・ドラム。特にライヴの現場において、ドラムの音をイメージ通りに響かせるためのアプローチとして、ジャンルを問わず多くのドラマーが導入している。その状況を支えているのが、V-Drums でお馴染みのローランドから発売されている数々のアイテムだ。今号のclose up!では、ライヴ・ハウスから武道館までさまざまなシチュエーションでライヴを展開するラウド・ロック・バンド、coldrain の最新事例に迫ると共に、関連製品のラインナップと、11人のドラマーのハイブリッド・ドラム・セットを紹介。日々進化を続けるハイブリッド・ドラムの現在地を見ていくことにしよう。

        ■追悼
        ジンジャー・ベイカー
        去る10月6日、80歳で亡くなった “JAZZ、AFRICA、そしてROCKを体現した鬼才”、ジンジャー・ベイカー。今回の追悼企画では、1975年/1990年/2013年の貴重なインタビューをはじめ、彼が歩んだ歴史や名盤の解説、愛器のサウンド分析、日本の名手達が語るジンジャーの魅力など、25Pに渡ってレジェンドの足跡を辿っていく。

        ■Interview
        mabanua[Ovall]
        抜群のサウンド&グルーヴ・メイクで、Chara、くるり、Gotchなど、さまざまなアーティスト達の音楽を支えるドラマー、mabanua。近年は、プロデュース、ミックス、作曲、さらにはシンガーとしてなどマルチに活躍する彼だが、2017年にShingo Suzuki、関口シンゴとのバンド、Ovallが再始動。来たる12 月4日にニュー・アルバム『Ovall』がリリースされる。今回のインタビューでは、新作についてはもちろん、音楽やビートの作り方についても話を聞いてみた。Gotchはじめ縁のミュージシャン達11名からのスペシャル・メッセージも掲載!

        ■連載
        Legendary Sound of Drums Recording
        ドラムの“いい音”を巡る永遠なる探求
        藤掛正隆

        ■無人島スネア/for Reader's Contents #3
        辻 秀樹
        今号の無人島スネアは、ドラマーズ・オークションで<連載「無人島スネア」に登場できる権利>を落札した読者。
        果たして今回のために持参したスネア×3は......? 氏の楽器愛に溢れるエピソードをぜひ読んでほしい!

        ■連載セミナー
        7つのコンテンツでスキル・アップ!
        DM Exclusive Lesson
        Seven Stroke Roll

        ■The Style of LIVE GEAR
        伊藤直樹[宮沢和史]

        ■ドラムが叩ける!お宅訪問
        アコースティックエンジニアリングが手がけた防音ルームを拝見!

        ■Drummer's Disc Guide

        ■ドラマーが“持っておきたい”情報がてんこもり!
        Fill In The Drummer's Pocket
        ●連載コラム
        沼澤 尚、あらきゆうこ、かみじょうちひろ、Tatsuya Amano、芳垣安洋、ドラマガ・ラーメン部
        ●DM Debut
        尾崎和樹[BBHF]、中原鉄也[ROTH BART BARON]

        ■“ドラムな”最新情報を発信する Beat Square
        シシド・カフカ[el tempo]、Bunta[TOTALFAT]、あらきゆうこ[calyboo]

        ■NEW PRODUCTS
        ◎SAKAE OSAKA HERITAGE Axelandor Foot Pedals
        ◎DW DW-5000 Series New Foot Pedals
        ◎INAMI CUSTOM DRUMS Solid Purple Heart Steambent Snare Drum

        常に「最高のギターの音」が出せる方法 〜音作りに悩むギタリストのハンドブック! (CD付) (Guitar Magazine)

        常に「最高のギターの音」が出せる方法 〜音作りに悩むギタリストのハンドブック! (CD付) (Guitar Magazine)

        価格 ¥ 2,200 (税込)
        商品詳細へ
        • 常に「最高のギターの音」が出せる方法 〜音作りに悩むギタリストのハンドブック! (CD付) (Guitar Magazine)の説明画像その1
        • 常に「最高のギターの音」が出せる方法 〜音作りに悩むギタリストのハンドブック! (CD付) (Guitar Magazine)の説明画像その2
        • 常に「最高のギターの音」が出せる方法 〜音作りに悩むギタリストのハンドブック! (CD付) (Guitar Magazine)の説明画像その3
        • 常に「最高のギターの音」が出せる方法 〜音作りに悩むギタリストのハンドブック! (CD付) (Guitar Magazine)の説明画像その4
        • 常に「最高のギターの音」が出せる方法 〜音作りに悩むギタリストのハンドブック! (CD付) (Guitar Magazine)の説明画像その5
        • 常に「最高のギターの音」が出せる方法 〜音作りに悩むギタリストのハンドブック! (CD付) (Guitar Magazine)の説明画像その6
        • 常に「最高のギターの音」が出せる方法 〜音作りに悩むギタリストのハンドブック! (CD付) (Guitar Magazine)の説明画像その7
        • 常に「最高のギターの音」が出せる方法 〜音作りに悩むギタリストのハンドブック! (CD付) (Guitar Magazine)の説明画像その8
        • 常に「最高のギターの音」が出せる方法 〜音作りに悩むギタリストのハンドブック! (CD付) (Guitar Magazine)の説明画像その9
        • 常に「最高のギターの音」が出せる方法 〜音作りに悩むギタリストのハンドブック! (CD付) (Guitar Magazine)の説明画像その10
        • 常に「最高のギターの音」が出せる方法 〜音作りに悩むギタリストのハンドブック! (CD付) (Guitar Magazine)の説明画像その11
        • 常に「最高のギターの音」が出せる方法 〜音作りに悩むギタリストのハンドブック! (CD付) (Guitar Magazine)の説明画像その12
        • 常に「最高のギターの音」が出せる方法 〜音作りに悩むギタリストのハンドブック! (CD付) (Guitar Magazine)の説明画像その13
        • 常に「最高のギターの音」が出せる方法 〜音作りに悩むギタリストのハンドブック! (CD付) (Guitar Magazine)の説明画像その14
        • 常に「最高のギターの音」が出せる方法 〜音作りに悩むギタリストのハンドブック! (CD付) (Guitar Magazine)の説明画像その15
        • 常に「最高のギターの音」が出せる方法 〜音作りに悩むギタリストのハンドブック! (CD付) (Guitar Magazine)の説明画像その16
        • 常に「最高のギターの音」が出せる方法 〜音作りに悩むギタリストのハンドブック! (CD付) (Guitar Magazine)の説明画像その17
        • 常に「最高のギターの音」が出せる方法 〜音作りに悩むギタリストのハンドブック! (CD付) (Guitar Magazine)の説明画像その18
          好感度70%UP!究極のモテLINE講座: ~モテたい、出会いたいを叶える本~

          好感度70%UP!究極のモテLINE講座: ~モテたい、出会いたいを叶える本~

            「面白いLINEを送ったはずなのに、既読無視されてる・・・」
            「カッコいいことを言ったはずなのに、反応が薄い・・・」
            といった経験、あなたはありませんか?
            恐らく、男性なら皆、少なからずLINE(またはメール)での失敗経験はあると思います。
            しかし、LINEがあまりにつまらない(または気持ち悪いと思われる)と、最悪女性からブロックされたり、
            職場で噂が立ったり、ということもあります。。
            こうなると、恋愛どころじゃないですよね・・・
            男女では思考回路が全く異なるため、これはある程度仕方のないことです。
            仕方のないこと・・・ですが!
            逆に、女性の心理を把握し、そのうえで戦略的にLINEを送る、ということができれば、
            他の男性と大きな差をつけることができるのも事実です!
            顔に自信がない?年齢?いえいえ、そんなのは関係ありません!
            大事なのは、女性に「魅力的な内面」を見せつけることです!
            顔はイマイチのはずなのに、何故か女性に困っていない、モテる男性っていますよね?
            そういう人は、この内面の魅せ方が上手なだけなのです。
            本書では、とりわけこの内面をアピールしやすい「LINEの究極テクニック」を、
            女性心理に基づき、徹底解説していきます!
            好感度爆上げ間違いなし!さあ、最高の恋愛を謳歌しましょう!

            【目次】
            <LINEテクニック編>
            1 はじめに
            2 マインドセット
             2-1 女性の「本当の好み」を知ろう
             2-2 基本はノリノリ、時々〇〇〇
            3 効果的なLINEテクニック
             3-1 メッセージは〇〇と!
             3-2 ジェットコースター式LINE術
             3-3 絶対に断らせないデートの誘い方
            4 NGなLINE
            <実践編(出会い系攻略)>
            5 出会いの場は?どこがおすすめ?
            6 プロフィールの作成
            7 女性の選定
            8 LINEに繋げる効果的なメール
            9 出会った後の会話テクニック
            10 ???
            TOPへ
            > の情報なら 本 家電 DVD 人気ランキング PLAYTABLE
            プライバシーポリシー タグ サイトマップ
            YouTubeチャンネル登録者 視聴数 動画 ランキング