Top> > SBクリエイティブ での検索結果

SBクリエイティブ の関連タグ

    SBクリエイティブの人気ランキング

    人気・ランキング 第1位
    >
    言語化力 言葉にできれば人生は変わる

    言語化力 言葉にできれば人生は変わる

      もう何度も言われていることかもしれないが、
      時代は変わった。いや、変わり続けている。


      何を学べばいいのか、
      どこにいけばいいのか、
      転職か副業か、独立か成長か、自分をどう活かせばいいのか。

      何を頼りにするべきか、
      迷っている人も多いだろう。

      こんな時代に、自分の道を切り拓くための道具がある。

      それは分厚いキャリアガイド本でもなければ、海外の大学で取得するMBAでもない。
      仮想通貨も、最先端のAIも、5Gも関係ない。

      ぼくやあなたが今まさに使っている「言葉」だ。

      誰でも簡単に意識せずに日常的に使っている「言葉」こそが、
      あなたの価値を明確にし、あなたの願いを叶え、あなたを成長させるたった一つの、
      そして最強の武器だ。

      今最も注目を浴びる経営者・クリエイターの三浦氏による
      スキルとしての「言葉」の本。

      「想いや考えを伝える」「人を動かす」「自分の道を切り開く・やる気を出す」

      ●目次
      序章 すべては言葉で変えられる──仕事も人間関係も人生も
       誰もが「伝える価値」を持つ時代になった
       LIFE is Contents
       武器になる情報を仕込め
       ビジネスをドライブするのは数字ではなく、言葉である
       モノの価値は言葉で作られる
       「戦わずに勝つ」ための道具、それが言葉
      第1章 「言葉にする」方法
       瞬時に言葉が出てくる人は何が違うのか
       言語化には「段取り」がある
       「言葉の因数分解」で自分を見つめ直す
       場の発言力を持ちたいなら、言葉の「ランキング」を編集する
       「垂直」の思考と「水平」の思考
       「比喩力」を身につけると色々うまくいく
       「言葉にできない」ことを言葉にする努力こそがビジネス
       どんどん言葉にすればいい
       「自分の言葉」でなくていい。「引用」でもいい
       言葉がまとまらないときは「発言のフォーマット」を使おう
      第2章 印象に残る言葉、一生残る言葉をつくる
       「印象に残る言葉」をいかに生み出すか
       変化の時代における「常識」は「過去」のもの
       なるべく「個人的」な話をする
       新しい名前をつける
       「みんなが知っている」ものと並べる
       情緒はデジタルで表現する
       100万PVのウェブサイトより、100人がTシャツを買うサイトを目指せ
      第3章 言葉で人を動かす
       変化が起きるのが「いい言葉」
       人を動かすときの3つのポイント
       数字の経営より言葉の経営
       言葉で相手との関係を変える
       だいたいみんな交渉が下手すぎる
       「けなして変える」よりも「ほめて変える」
      第4章 言葉で未来を指し示せ
       いつだってぼくを支えてきたのは言葉だった
       未来をつくり、過去を変え、現在を強くする
       人生の指針になる言葉を持て
       人生の目的を言葉にせよ
       言葉は人生を突破するヒントになる
       ぼくらが消えたあとに残るのは「言葉」だけ
      人気・ランキング 第2位
      >
      「ロウソクの科学」が教えてくれること 炎の輝きから科学の真髄に迫る、名講演と実験を図説で (サイエンス・アイ新書)

      「ロウソクの科学」が教えてくれること 炎の輝きから科学の真髄に迫る、名講演と実験を図説で (サイエンス・アイ新書)

        ノーベル賞受賞者の愛読書を今までになくわかりやすく!
        (2000年のノーベル化学賞受賞者監修)


        ※この電子書籍は、「固定レイアウト型」で配信されております。説明文の最後の「固定レイアウト型に関する注意事項」を必ずお読みください。

        2019年のノーベル化学賞受賞が決まった吉野彰さんが、科学に興味を持つきっかけになったという『ロウソクの科学』。2016年のノーベル生理学・医学賞を受賞した大隅良典さんが大きな影響を受けた本としても知られます。

        『ロウソクの科学』は、まさに「もし19世紀にノーベル賞があったら、彼は幾度も受賞したはず」と異口同音に言われるほど、化学・物理の業績を多くあげたマイケル・ファラデーによる、講演の記録です。

        彼は、一般の人たちがワクワクするような実験を見せながら、「ロウソクはなぜ燃えるのか」「燃えている間、何が起きているのか?」という謎を解き明かしていきました。さらには、空気や水、金属、生物といった、この世界を形作るものの仕組み、美しさもつまびらかにしていったのです。

        本書では、この講演を紙上に再現。今までの国内翻訳書にはない、再現可能な実験の写真や図解を掲載し、完訳ではなく抄訳によって、話の流れをわかりやすくしています。

        また、物語としても読める親しみやすい構成とし、巻末には化学式によるまとめも用意しました。産業革命によって大きく時代が動いた当時と同じように、現代にも通じる知恵がつまった歴史的講演をぜひ!

        ●目次
        はじめに
        第1講 ロウソクはなぜ燃える?
        第2講 ロウソクはなぜ輝く?
        第3講 燃えてできる水
        第4講 もう一つの元素
        第5講 空気の中には何がある?
        第6講 息をすることとロウソクが燃えること
        付録 全6講で起こったこと
        おわりに
        参考書籍

        固定レイアウト型に関する注意事項(必ずお読みください)
        この電子書籍は、全ページ画像の「固定レイアウト型」で配信されております。以下の点にご注意し、購入前にプレビュー表示をご確認の上、ご購入ください。

        ■使用できない機能
        ・文字拡大(ピンチイン・ピンチアウトは可能ですが、画面におさまらない場合は画面をスワイプ)/文字のコピー/マーク/ハイライト/文字列検索/辞書の参照/Web検索/引用

        ■推奨環境
        ・タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末
        ・Wi-Fiネットワーク経由でのダウンロード(Kindle端末の場合)
        4位
        >
        これからの会社員の教科書 社内外のあらゆる人から今すぐ評価されるプロの仕事マインド71

        これからの会社員の教科書 社内外のあらゆる人から今すぐ評価されるプロの仕事マインド71

          【田端信太郎が贈る「仕事の基本」決定版!】

          リクルート→livedoor→LINE→ZOZO
          日本的な大企業から外資系、ベンチャー企業を渡り歩く中でわかった、どんな文化の会社であっても必ず評価される共通項。
          それは結局、新人時代に教わった仕事の基本でした。

          「風邪を引いたら、休むべきか?」
          「ミスをしたとき、どうすればいいのか?」
          「これからの時代に生き残るために、なにを学べばいいのか?」

          Twitterフォロワー21万人。「新R25」「NewsPicks」掲載の仕事論でも話題を呼ぶ田端信太郎が、
          働くきみの率直な疑問に、本音でこたえます。

          ★こんな方にオススメ
          - 仕事の基本を学びたい、入社1年目の方
          - 自分の仕事の姿勢について振り返りをしたい、入社4~5年目の方
          - “当たり前のこと”の伝え方に悩む、上司・先輩・メンターの方

          【「はじめに」より】

          これからビジネスの世界に飛び込もうとしているきみに言いたいのは「この世界は広く、自由で、なによりも楽しい」ということです。

          ビジネスの世界に飛び込むのは、映画の「パイレーツ・オブ・カリビアン」や漫画の「ワンピース」の世界に飛び込むようなものなのです。

          この先の大海原には、ものすごくエキサイティングなことがあります。

          おもしろい人も、わけがわからない人もいる。それこそ孫正義や、前澤友作のような一代で海賊王になったようなレジェンドたちもいるのです。

          ビジネスの世界を追求していくと、きっと、めくるめく刺激的な物語がきみを待っています。

          ただし、そのために必要なことが、たった一つだけあります。

          会社に居続けて出世を目指すにせよ、転職をしてキャリアアップを目指すにせよ、独立・起業をするにせよ、ビジネスマン同士の「ルール」「マナー」「お作法」をおさえておかなければならないということです。

          ●目次
          はじめに
          Chapter 1 「人並み」を目指すか、「プロ」を目指すか
          Chapter 2 「伝え方」次第で結果は180度変わる
          Chapter 3 「単純作業」に仕事の真髄がある
          Chapter 4 「根回し」抜きに大きな仕事はできない
          Chapter 5 「社交スキル」は一生モノの武器になる
          Chapter 6 「トラブル対応」は鮮やかに
          Chapter 7 「情報収集」がきみのオリジナリティをつくる
          Chapter 8 「経済・法律・歴史」はビジネス世界の共通言語
          Chapter 9 「働き方・キャリア」の最適解を導く
          Chapter 10 「パフォーマンス」をさらに高める
          おわりに
          天才王子の赤字国家再生術5 ~そうだ、売国しよう~ (GA文庫)

          天才王子の赤字国家再生術5 ~そうだ、売国しよう~ (GA文庫)

            西と同盟して一流国家の仲間入りだ!

            『やはり手を組むべきは、グリュエールだな、間違いない!』
            ミールタースでの騒動を機に、大いに知名度を上げたナトラ王国は、空前の好景気を迎えていた。
            追い風に上機嫌なウェインにとって気がかりなのは、西側への玄関口として成長著しいマーデン領の存在。
            国内のパワーバランスを調整するため、ウェインはグリュエール王が治めるソルジェスト王国と手を結び国全体を底上げすることを画策する。
            折しもグリュエールからの招待を受け、意気込んで外交に向かうウェインだったが、
            そこでは予想外の展開が待ち受けていた! 戦雲垂れ込める、弱小国家運営譚第五弾!

            ※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

            麹町中学校の型破り校長 非常識な教え (SB新書)

            麹町中学校の型破り校長 非常識な教え (SB新書)

              TVで話題の校長先生、初の親向け 子育て論

              「カンブリア宮殿」著者出演(9月26日放送)
               発売たちまち 話題沸騰!
               教育関係者、親から絶賛の声、続々!



              【メディアで話題】
              ★日経新聞夕刊 書評(評者:竹内薫氏)

              「自律促す 科学的な教育」
              「このような教育が広まれば、日本はAI時代を生き残ることができるだろう」
              ★東洋経済 オンライン/プレジデント オンライン他で続々紹介


              宿題廃止、定期テスト廃止、固定担任制も廃止。
              公立なのに、学校の「当たり前」をやめて
              全国から注目の麹町中学校。
              「いまもっとも子どもを入れたい」学校の校長が教える
              子育てで「本当にたいせつなこと」とは。



              【内容紹介】
              東京のど真ん中に「学校の常識」をひっくり返している公立中学校・校長がいます。
              全国で当たり前に行われていることを問い直し、子どもたちにとって本当に必要な教育を追求する。
              それが千代田区立麹町中学校の工藤勇一校長です。
              大人が手をかけすぎることで、子どもの自律のチャンスが奪われ、「人のせいにする」子どもが育つ。
              では、子どもがもともと持っている力を伸ばすために、親はどう接すればよいか。
              学び・しつけ・人間関係をテーマに、親が陥りがちな勘違いとジレンマを
              ていねいにときほぐします。
              そして、21世紀を生きるために必須の非認知能力や対人スキルも具体的にレクチャー。

              子育ての迷いが晴れる、<0歳から高校生の子を持つすべての親>にオススメの1冊です。

              ●目次
              はじめに
              第1章 勉強の「正解」を疑う 学びの本質とは?
               宿題はいらない
               机に向かう習慣は、本当に重要ですか?
               わかっていることはやらなくていい
               大量の宿題は先生の都合
               定期テスト「一夜漬け」では意味がない
              第2章 「心の教育」を疑う しつけの本質とは?
               「服装の乱れは、心の乱れ」って本当?
               「ルールを守らせる」に必死な大人
               「息子が宇宙人に見える」母親の苦悩の原因とは?
               どこまで厳しく叱ればよいか
               「あの子と距離を置きなさい」はダメ
              第3章 「協調性・みんな仲良く」を疑う 多様性の本質とは?
               「みんな仲良く」を否定した全校集会
               「協調性」は子どもへのストレスになる
               違いを認める姿勢は、しずかちゃんに学べ
               意見の対立からすべては始まる
               多数決に頼らない生徒に育てる
              第4章 「子どものために」を疑う 自律のために親ができること
               子ども同士のいざこざを仲裁していませんか?
               部屋の片付けに口を出すとどうなるか?
               熱中を見つけるために親ができること
               親のジレンマ 没頭はいいけどゲームばかりで大丈夫?
              など
              TOPへ
              > の情報なら 本 家電 DVD 人気ランキング PLAYTABLE
              プライバシーポリシー タグ サイトマップ
              YouTubeチャンネル登録者 視聴数 動画 ランキング